幼稚園受験における問題は両親の教育に対する姿勢にあります

日本の教育制度において、幼稚園受験からスタートさせるメリットは、大学までの課程を一貫した教育方針を基に実践することで、より優秀な人材を育て上げることであり、そのために、付属学校を通じで内部で進学させる仕組みが整備されているのです。子供たちは1回の受験を経験するだけで、受験とは無縁の生活を送ることができますから、受検のために勉強する必要はありませんから、伸び伸びと本来の勉学に集中することができます。 その一方で、自分の意志で判断することがおぼつかない幼児に受験を経験させても良いのかという問題があるのも事実です。実質、大学を卒業するまでの道筋は、両親が決めてしまうことになりますから、子供たちが思春期を迎える頃に、本当に学びたいことがあっても学べない状況を作り出してしまうことを危惧する人も少なくないのです。

幼稚園に合格するための学習法と日常生活の重要性とは

幼稚園を受験する際の子供の年齢は2歳もしくは3歳ですから、文字を書くどころか鉛筆すらしっかりと持つことは困難な年代ですから、何かを書き表すということはできません。したがって、受験とは言ってもペーパーテストではなく、その年齢に応じた礼儀を持っているのか、また、インテリジェンスを感じさせる思考や行動を持ち合わせているのかがポイントとなります。 最近では、幼稚園の受験に特化した学習塾も数多く開講されており、礼儀作法や知能を開花させる幼児教育が展開されています。数や色、言葉をパズルや知育教材を使って丁寧に教えてくれますので、ほとんどの子供が塾に通うことを楽しみにしていますが、大切なのは日常生活です。日々の生活の中で、子供たちがストレスなく、心豊かな暮らし送ることで感受性は養われていきますし、その才能を開花させることができるのです。

幼稚園受験における最大の課題は両親の姿勢です

幼稚園受験は、子供たちの意思とは関係なく、両親主導で行われるものですから、そのことが子供たちの負担やストレスに繋がることが大きな問題となります。そこで注意すべきことは、両親が合否にこだわり過ぎないことです。子供たちに受験を楽しませるだけの余裕とともに、教育に対する確固たる信念が必要なのです。 幼稚園の受験において一番の課題は、面接試験です。面接には、両親が同席することが大半であり、質問は子供に対してだけでなく、両親にも向けられます。幼稚園側としては、子供の教育は幼稚園と家庭が一体のものだと考えていますから、教育に対する考え方や、入園させたい理由などが質問されます。つまり、両親が子供の教育に対してしっかりとした信念がなければ合格することはできないのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加